どうも!VRを使い始めて半年経過、東京本社勤務クリエイターのイクピーです。

突然ですが、VRってなんのことか知っていますか?巷で耳にすることがあるけれど、具体的にどんなものか知らない人は多いのではないでしょうか。

今回は「VRとは何なのか」全くVRを知らない初心者でもわかりやすく解説していこうと思います。


【目次】
1.VRってなに?
2.具体的になにができるのか
 ①360°動画が見られる
 ②映画館みたいな大画面で見られる
 ③体感型のゲームができる
 ④いろんな人に会える
3.どうすればVRができるか
4.イクピーはVRを何に使っているか


 

VRってなに?

VRとは、「Virtual Reality」の略称で直訳すると「仮想現実」と言います。
読んで字のごとく、VRでは専用のゴーグルを頭にかぶることで現実にないもの現実にあるかのように見たり触ったりすることができます。

※VR使用中のイメージ図

具体的になにができるのか

では実際のところVRではなにができるのか?を大きく4つに分けてご紹介します。
※業務用途もありますが、今回は一般ユーザー向けの解説です。

①360°動画が見られる

テレビやスマホでは「画面」の枠内でしか映像を見ることができませんが、VRには現実と同じで見える範囲が限定されていません。あらゆる方向で映像を見ることができるので、まるで自分が体験しているかのような感覚が強く感じられます。

例えば、ジェットコースターの映像は迫力満点!僕は天才なので怖くないですよ。怖くないです。ちっとも怖くないです。

360°だから、下を向けば普通は見えない足元まで見えちゃう。

個人的には海中の映像が好きです。YouTube『360』と検索するだけで他にも沢山出てきます。癒されたい方は大自然の映像がおすすめ

海めっちゃきれい~!ダイビング体験もできて最高!

②映画館みたいな大画面で見れる

見える範囲が限定されないVR空間では無限に大きくできるモニターを出すことができます。特大画面ならどんな動画も映画館さながらの臨場感が楽しめる!3D対応の映画であれば、立体映像も同時に見れちゃいます。

ぶっちゃけ大画面の迫力は映画館よりすごいかもしれない。

体感型のゲームができる

VRでは、360°あらゆる方向に体を動かすことができます。ボクシングなどのスポーツやガンシューティング、探索など、よりリアルなゲーム体験が可能です。あまりにもリアルなので怖いゲームをしたら夜中にトイレに行けなくなるかもしれません。僕は全く怖くないので部屋の電気を全部つけて寝ることにします。

僕も初めてのVRはプレステで体験しました。このサメゲームはやばすぎてリモコンが汗で水没した。

④いろんな人に会える

LINEツイッターと同じ感覚でVRの中でコミュニケーションをとることができます。お気に入りのアバターに着替えて、人と話したり、散歩をすることができます。VR内には国境も上下関係も無し!楽しく話していたら実は海外の超すごい社長さんだった!なんてこともよくあります。

バーチャルSNSといえばこれ!海外発だからまだ日本人ユーザーは少なめだけど、なぜか日本語出来る外国人がいっぱいいるから言葉が通じる。

もちろん身内同士でもWeb飲み感覚で会話を楽しめますので、新しいWebコミュニケーションの場として人気があります。つまり、「一人でも」、「身内だけでも」楽しめます!

これは余談ですが、VR内では3Dオーディオに対応しているので音の距離減衰が起こります。遠いところにいる人は声が小さく聞こえるのです。通常のWEB飲みとの大きな違いは「音声が自然な距離で聞こえる」ことだと思っています。わかりやすく例えると「複数人が同時に電話する」のと「複数人が集まって会話する」の違いでしょうか。う~ん、これは実際に体験しないとわからないかもしれませんね!ぜひやってみてほしい!

どうすればVRができるか

VRを体験するにはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と言われる専用機器と高性能なパソコンが必要です。スマホで簡易的なVRもできますが、動き回ったりゲームをすることは難しく、目が疲れやすい傾向にあります。なので個人的にはパソコンでHMDを使うことをおすすめします。※記事トップ画像がスマホVRじゃん!と気づいたあなたは天才です。

初心者におすすめのVR機器「Oculus Quest 2(オキュラスクエスト2)」(以下、オキュラス)です。

Oculus from FACEBOOK ⇒ こちら
ビックカメラ公式販売サイト ⇒ こちら
Amazon公式販売サイト ⇒ こちら

オキュラスはパソコンがなくても本格的なVRが楽しめて、電気量販店で購入できるので初めてのVRにはうってつけですね。実は今までVR機器はPCパーツ専門店などでしか購入できませんでした。家電屋さんで買えるオキュラスおそるべし。

オキュラスだけでは物足りなくなって後から高性能なパソコンを買ってしまっても、別売りのケーブルで接続してPC専用のVR機器としても使える点が高評価。

「おすすめのVR機器」についてもっと詳しくは別の記事を公開予定です。公開されたらこちらにリンクをはりたいと思います。お楽しみに!!

イクピーはVRを何に使っているか

僕がVRに興味を持ったのは約3年前、プレイステーションVRをツタヤで見たときでした。好奇心に抗えず購入し、3D映画を見て衝撃を受けました。それからVRの虜になり、今ではPC専用のVR機器と超高性能なパソコンを買って毎週楽しく遊んでいます。※総額50万円くらいかかった…。

主な用途は、紹介した4番目の”人に会う”(話す)ためのバーチャルSNSです。『VRChat』というSNSを使って、週末大勢の人とVR内で飲みまくっています。映画見るより楽しくって仕方がないんです。なんならVRChat内でモニターを共有してみんなと映画も見ました。リアルだと難しい海外の遠く離れた人とも、一緒に「その場」で遊べるのがいいですね。

VRChatではいろんな経歴の人に会いました。嘘みたいなホントの話、すごい人だと某企業の社長さん海外の石油王とか。初対面でもお互いアバターなので話しかけやすいうえに、フレンド登録もできて再会も気軽です。リアルだと初対面は緊張しますし、なかなか連絡先交換って難しいですもんね。

コロナ禍だからこそ、家の中にいながら楽しめるVRは最適です。むしろもう家から出たくない。VRから出たくない。

さて、僕は今夜もVRで宴会があるのでこれにて。ではまた。

 

 

この記事を書いた人

▼このライターの他の記事も読んでみる!