各ソフトの特徴を把握し、適切なソフトを利用しよう

建築パースを作成する場合に利用するソフトとしては「3Dモデリングソフト」がありますが、各社がさまざまなソフトを出していることもあり、ソフト選びに迷ってしまうこともあるでしょう。

今回は、建築パース作成におすすめの3Dモデリングソフトを8種類選びました。それぞれのソフトの特徴を理解したうえで最適なソフトを利用しましょう。

3Dモデリングソフトとは?

3Dモデリングソフトとは、パソコンなどの画面上に模型状のもの、つまり「モデリング」を表示できるソフトのことです。

3Dモデリングソフトに似た内容のソフトとして、3D CADソフトやCGパースがあります。3D CADソフトは設計に特化したソフトであること、また、CGパースは建物のイメージを表現することに特化しています。

パソコンなどの画面上に立体を表現するという観点から見ると、3Dモデリングソフト、3D CADソフト、CGパースのいずれも同じようなものといえますが、3Dモデリングソフトの特徴は、さまざまなものの形を自由に表現しやすいことが特徴で、建築物の設計に限らず、アニメーションなどにも利用されています。

しかし、現状ではモデリングソフトでCADのような精密な立体の作成が可能になっていることもあり、それぞれのソフトの差はなくなりつつあります。

おすすめの建築向き3Dモデリングソフト

ここからは、建築に向いているおすすめの3Dモデリングソフトを紹介します。それぞれのソフトが持つ特徴を把握しておくことで建築パースを有効に活用できます。

Cimena4D

3DモデリングソフトのCimena4D(シネマフォーディー)は、一般的には「C4D」と呼ばれています。

C4Dは主に海外で利用されているソフトですが、直感的に操作できること、また、取り扱うオブジェクトが多くなっても動作が軽快であるため、使いやすい点が特徴です。

また、ソフトの使い方を説明するチュートリアルが詳しいこともあり、3Dモデリングソフトを初めて利用する人にとって理解が容易となっています。C4Dはプロはもちろんのこと、初心者にとっても納得のソフトといえます。

3ds Max

3ds Maxはモデリング、アニメーション、レンダリングの機能が利用できますが、中でも強みといえるのはレンダリング機能です。

3ds Maxは標準装備のレンダリング機能の質が高いこと、それに加えてレンダリングソフトのV-Rayにも対応しているため、建築物のビジョンを細かい点まで表現することができます。

さらに、操作性に優れており、作業時間が短縮されるので、質の高いレンダリングを短時間で生成することが可能です。

Rhinoceros

Rhinoceros(ライノセラス)は、別名で「Rhino(ライノ)」と呼ばれることがある3Dモデリングソフトで、建築用のほかにもプロダクトデザインやカーデザイン、マルチメディアデザインなど幅広く利用されています。

最新版の製品「Rhino 6」にはビジュアルプログラミング言語の「Grasshopper」が標準搭載されており、複雑な形状のモデリングが容易に行えるようになります。

さらに、レンダリング品質も向上しており、レンダリングによって表示された画像は実物さながらに仕上がります。

SketchUp

SketchUp(スケッチアップ)は、建築やインテリアの分野で使用される3Dモデリングソフトで使いやすさが特長です。

「プッシュ・プル」と呼ばれる3次元上での操作機能は感覚的に操作することができるため、3次元の空間で見ている状態と同じような形でモデリングができます。

なお、SketchUpはCADの機能はカバーしていませんが、操作性に優れていることからプロはもちろんのこと、モデリングが初めてのユーザーにとっても利用しやすいソフトです。

Blender

Blender(ブレンダー)は3DCGソフトウェアで、主にアニメーションやシミュレーションなどの用途で使用されていますが、3Dモデリングの作成でも使用されます。

Blenderは無償で利用できるうえに、有料の3Dモデリングソフトと同様の機能が利用できることから、プロやアマチュアを問わず広く利用されています。

もともとはアニメーションなどの用途で利用されていることもあり、建築向けに特化しているソフトではないものの、無償でありながら3Dモデリングの作成は十分に可能であることから、できる限り費用を抑えながら利用したいユーザーにとっては最適なソフトです。

Shade3D

Shade3D(シェードスリーディー)は、3DCGに特化したソフトウェアで建築パースのほか、インテリアデザインやプロダクトデザインなどに利用されています。

Shade3Dのモデリングには自由曲面、NURBS、ポリゴンモデリングがセットされているため、使いやすいモデリングの方法を選ぶことができます。

また、Shade3Dはモデリング、レンダリング、アニメーションのほか3Dプリントの機能も有しており、一つのソフトでさまざまな機能に対応しています。

Houdini

Houdini(フーディニ)の特色は、物理現象に関する高度なシミュレーション機能を有している点で、CG動画制作を強みとする3DCGソフトです。そのため、映画やテレビCMの制作に広く利用されてきました。

つまり、Houdiniは複雑な処理が可能なソフトといえますが、それゆえにデータの処理が正確であり、建築物の形が複雑であっても簡単に制作できる点が強みといえます。

また、Houdiniは「ネットワーク」と呼ばれる仕組みで作業データが保存されており、その作業データをたどることによって、画面内に制作した造形物に手を加えて修正することも簡単にできます。

ZBrush

ZBrush(ズィーブラシ)は、画面上にペンを走らせることによって画面内の造形物に凹凸を作れる機能があります。つまり「スカルプティング(彫刻)」ができるため「デジタル彫刻ソフトウェア」と呼ばれることがあります。

複数の形状生成ツールを利用することで、3Dモデリングが簡単に行うことができ、頭の中で想像した形を自由自在に画面上に表現することができますが、それを建築に応用することも可能です。

ZBrushは感覚的に操作しながら画面上に造形物を作っていける点が特徴的といえます。

まとめ

3Dモデリングソフトの中には、複雑な形状のモデリングが容易にできるものや、レンダリングが強みであるものなどがあり、それぞれのソフトが強みを持っています。

ソフトの中には専門性ものもありますが、初めてのユーザーにとって利用しやすいソフトもあるので、目的に応じて使いやすいソフトを選ぶと作業を効率的に進められます。

(画像はUnsplashより)