こんにちは、スぺラボのらぼ 編集部スタッフです。

弊社 スペースラボ株式会社(以下:スぺラボ)では、一緒に働くCGクリエイターを募集しています。
(※募集状況はこちら

実際に入社したクリエイターは、スぺラボに対してどんな印象を抱いているのでしょうか。
また、スぺラボで働いているその心持ちは?

これから新卒で入社される方にとって年齢の近い未来の先輩、入社3年目のクリエイター2人に、スぺラボの業務や社内の雰囲気などについて聞いてみました。転職をお考えの方にも参考になるかもしれません。


▼目次
(1)会社内の雰囲気について
(2)入社して知ったこと、おどろいたこと
(3)入社前の不安や悩み
(4)仕事中大変だと感じること
(5)仕事に対してポジティブな感情を抱くとき
(6)入社前から持っているスキルで、役立っているもの
(7)後輩スタッフに対して、コミュニケーションで意識していること
(8)社長の初対面での社長の印象と、今の印象
(9)仕事を通して、社会貢献(SDG’s)につながっていると感じるシーン
(10)これからもスぺラボで働いていくなかでの今後の目標
(11)スぺラボの求人への応募を考えている人へ伝えたいこと
(12)まとめ


今回話を聞かせてくれた〇さんとしらこさん

今回話を聞かせてくれた二人。画像左から、〇(まる)さん、しらこさん

○(まる)さん
・2020年新卒入社 / 3年目 クリエイター(2022年現在)
デジタルイノベーション事業部所属
CGクリエイターとして入社。現在はnewtrace株式会社(スペースラボ株式会社から派生したデジタル領域のグループ会社)の業務をメインに担当。プログラミングの勉強に励みつつ案件をこなしている。
中国出身。母国の大学と、日本・東京の専門学校でインテリアデザインを学び、スぺラボに入社。小さな空間、シンプルなスタイルの空間デザインが好き。
休日は家でドラマやアニメを見て過ごしている。

しらこさん
・2020年新卒入社 / 3年目 クリエイター(2022年現在)
建築ビジュアライゼーション事業部所属
メイン業務はCGパース制作。
愛媛県出身。住宅を建てることに憧れ、地元の専門学校に入学。住宅系の製図・設計、手書きパース技術を学んだのち入社。CGパースは学生当時独学で勉強していた。
休日は家で映画を見たり、バイクでツーリングをして過ごしている。

会社内の雰囲気

ー会社内の雰囲気はどうですか?

〇さん
すごくいいと思う。
仕事が大変だったら、みんな手伝ってくれるし、食事にも誘ってもらえるので、楽しい。

別の会社に勤めている友人の話を聞いていると、日本・中国、国に関係なく、社内でいじめやハラスメントで悩んでいる子がいます。スぺラボでは、そういうのは感じたことがない。
私はスぺラボに入社できて、ラッキーです。

しらこさん
そうですね。いいと思います。
スタッフ間のコミュニケーションが多いので、入社して早い段階で慣れましたよ。
業務はチームプレーなので、会話が必然的に発生するのも理由のひとつですが、まずフレンドリーな人が多いんです。先輩たちからお昼休憩に誘ってもらうこともよくあります!

会社主導のイベント(※1)が多く用意されている点も、明るくて風通しがいい雰囲気づくりを担っていると思います。全体会議(※2)や、シャッフルランチ(※3)など、コミュニケーションのきっかけとなるのでありがたいですね。

新型コロナウイルスの流行が原因で、会社のイベントはずっと中止になっていました。
入社してから一度も参加できずにいたので、社会情勢を見ながら少しずつ再開されつつある今、新鮮な気持ちで参加しています。


※1)新人スタッフの歓迎会や、退職者の送別会など。複数企業からゲストを招く周年記念イベントもある。新型コロナウイルス流行以前は毎年行われていた。
※2)支店に勤務しているメンバーも東京本社に集めて行う大きな会議。会議後は店を貸切った飲み会が行われる。
※3)ランダムで決められた社員3、4人からなるグループでランチを食べる制度。月に2回開催。会社から食事代が一部支給される。

2021年度全体会議の写真

2021年度 全体会議の打ち上げにて撮影

しらこさん
ポジション関係なく仲良しなんですよ。
僕は休みの日に管理部のHさんとツーリングに行くこともあります。一緒に軽井沢へ行ったこともありますね。
Hさんは親くらい年齢が離れてるんですが、バイク好き同士なので楽しいです。

〇さん
会社の人とプライベートで会うこと、ありますね。私も先日、先輩と一緒にショッピングに行きました。

しらこさん
楽しい時間を共有したり、困ったときはフォローし合う、いい関係が築けていると思います。

 

入社して知ったこと、驚いたこと

ー入社して知ったこと、おどろいたことはありますか?

しらこさん
「全部やる」ことです。
お客様からのお問い合わせ対応や、発注手続きの案件のやりとり、見積もり、金額交渉、レンダリングしたパースのPhotoshopでのレタッチ、納品、請求まで。スぺラボは、案件の最初から最後まで任される。

いきなりぜんぶやらされるわけじゃないですよ!基本的には、最初は先輩の手伝いをしたり、打合せに同席したり。
入社してだいたい八か月経った頃から少しずつ任されるようになって、配属されて一年以内には独り立ち……という感じです。今は慣れました。

〇さん
しらこさんと同じです。全部やる。覚えることが多いですね。入社前はCGを作るだけだと思っていたので大変でした。
得意分野で作業を分けたほうがいいんじゃないかなって最初は思ってたんですけど、慣れてきたら、一貫して対応したほうが楽だと思うようになりました。

しらこさん
会社に対しては、大きなギャップは感じていません。
面接でオフィスを訪問した時点で「スぺラボはおもしろい会社だな」と感じていました。

来客スペースにワインセラーがあったり、テーブルが卓球台だったり。普通、会社に卓球台なんて置いてないでしょ?(笑)
スーツで働きたくないと思っていたので、私服で働いている先輩たちを見て、いいなと思った記憶があります。

来客スペースの卓球台写真

来客スペースのテーブルとして、しれっと置かれている卓球台

 

スぺラボ求人情報へのリンクバナー

▲スぺラボ・newtraceの求人情報が知りたくなったらクリック!

 

入社前の不安や悩み

ー入社前、就職することに何か悩みや不安はありましたか?

しらこさん
新型コロナウイルス流行による、内定取り消しの可能性に対する不安が大きかったです。

内定が決まったあと、顔合わせを兼ねた先輩・同期との食事会や、オンラインミーティングが行われたので、入社後のことをまったく知らないということはなく、働くことや、会社に対する不安はありませんでした。

〇さん
「同期や上司はどんな人たちだろう?」とは思っていました。
日本語、文化の違いもあるので、いいコミュニケーションがとれるかなとか。

 

仕事中大変だと感じること

ー仕事中大変だと感じることはなんですか?

しらこさん
お客さんからの予期せぬ指示変更です。何案件も同時に動いているので、予期せぬ事態はスケジュール調整が大変です。

ひとつの案件にかける時間は、短くて10時間くらい。大規模な案件だと100時間を超えます。
修正や変更を見越して、少し余裕をもったスケジュールを立てていますが、多くの人が関わるため、計画通りに終わらせるのはなかなかむずかしいですね。
だから少しずつ前倒しで作業を進めるようにしています。

〇さん
資料が足りない状態で業務が進行するときです。そういうことがよくある職業なので、仕方ないとは思うのですが。

先方で決まっていないポイントは「センスに任せます」と言われることがあって。でも、センスで対応すると、たいてい修正が入ります(笑)
私は最初から作り込むタイプなので、修正がくると大変だなと思いますね。
手間はかかりますが、本番に入る前にサンプルやラフを作って先方にご確認いただいたり、のちのちの修正がしやすいように作業データの保存方法を工夫しています。

インタビュー中の二人

質問の度に顔を見合わせる二人

 

仕事に対してポジティブな感情を抱くとき

ー仕事に対してポジティブな感情を抱くのはどんなときですか?

〇さん
私は、自分が作りたかったものを作ったり、興味のあるものを任されたときかな。勉強してきたことを活かせたときも「ヨシッ」となりますね。

しらこさん
フォトリアルなパースが好きなので、リアルに作れたなと思える作品ができたときが嬉しいです。
それから、人に評価してもらえたとき。クライアントからの誉め言葉や、新規のお客さんを紹介してもらったとき、指名で案件を頂けたときなど。
MVP(社内コンペ)(※4)で表彰されたときもですね。同時にプレッシャーにもなりますが……いい刺激です。


※4)スペラボ独自の制度。所属クリエイターが制作した建築CGパースのクオリティを毎月競う。クリエイターから社長や事務方まで総出の投票で最優秀作品が決まる。

 

役立っているスキル

ー入社前から持っているスキルで、役立っているものを教えてください

しらこさん
車の知識ですかね。車が好きなので、車の種類に詳しいんです。
ときどき「〇〇って車を配置して欲しい」「景観にあわせた車を入れたい」というような依頼を受けることがあって、そんなときに役に立ってます。
日常の周りにあるものに対する興味は、CG制作に役立つでしょうね。

しらこが作成したガレージハウスのパース画像

しらこさんが作成したガレージハウスのパース

 

〇さん
大学・専門学校で学んだ、PhotoshopとIllustratorの使い方です。
スぺラボ社内で使われているCinema4Dは使ったことがなかったので、入社前に勉強しておきたかったです。建築系の学校って、学校によって教えてもらえるアプリケーションがちがうんですよ。

しらこさん
たしかに会社で使っているソフトについては勉強しておきたかったな。
スぺラボではパース制作業務ではCinema4DとVectorworksをよく使うのですが、学生の頃は触ったこともなかった。僕が学校で教わったのは手描きパースだったし。
学校でCinema4Dを勉強していた同期は、制作業務に慣れるまでがすごく早くてうらやましかったですね。入社した時点でソフトの使い方はもう知っているから、入社の時点でだいたいできてました。

〇さん
案件に携わる前に事前に基本的なことは教えてもらえるけど、仕事をこなすにはそれだけでは足りません。
学生のうちは、体験版や、学生料金で安く使えるソフトもあるから、勉強しておけばよかったです。(※5)


※5)Cinema4D、Vectorworks共にアカデミック版あり。体験版もあり、Cinema4Dは2週間、30日間無償で使用可能。(2022年現在)
Maxon One教育ライセンス: https://www.maxon.net/ja/educational-licenses
Vectorworks プログラム:https://www.aanda.co.jp/ct/dl_vectorworks.html

 

後輩に対するコミュニケーション

ー今期、お二人にとって初めての後輩ができましたね。後輩スタッフに対して、コミュニケーションで意識していることはありますか?

しらこさん
自分のこれまでの経験を踏まえて、安心してもらえるような声掛けを意識しています。
今年入社した新卒の子は同じ時期に入社したスタッフが全員中途で、作業スピードの違いとか、社会経験の差で焦っちゃうみたいで。
厳しい先輩もいるので、逆にやさしくフォローする係に徹してますね。
僕も新卒の頃に、年齢近い先輩から同じようにフォローをもらっていたので、それに倣っています。

〇さん
私は部署が違うため、まだ後輩との関わりがあまりありません。これから楽しみです。

 

スぺラボ求人情報へのリンクバナー

▲(しつこく宣伝です)弊社で働きたくなったらココをクリック!

 

弊社代表の第一印象は?

ー社長の初対面での社長の印象と、今の印象を教えてください

しらこさん
「いろんなことを楽しんでいそうな人だな」です。
印象は最初も今も変わらないです。想像通りの人でした。

〇さん
ドラマに出てくるような社長とは違いますね。いい意味で距離が近いです。話せるし。

しらこさん
一般的にイメージする企業の社長像にははまらない人ですよね。こっちの意見を理解してくれる。
あと、お昼ご飯をおごってくれるときもあるし(笑)一緒にご飯に行ったときは、家族のこととか話してます。

 

社会貢献を感じるとき

ー仕事を通して、社会貢献(SDG’s)につながっていると感じるシーンを教えてください

しらこさん
CGで完結する。つまり実物を用意する必要がない点が、資源削減につながっていると思います。
パース制作と同じ事を写真でやろうとした場合――
たとえば、結婚式会場のイメージを作るとしたら、式のマストアイテムである会場の装飾や食事などを用意するだけでも大変なコストと労力がかかりますよね。

パース制作は空間を全てCGで再現するので、そもそも実物は必要ないんです。
プロダクト・カタログCGの撮影、スタジオという場所そのものや備品小物なども同様ですね。

〇さん
私が所属するDI事業部が提供するバーチャル空間も、実際の場所や物を必要としないので資源削減につながる。
また、インターネット環境があればどこからでもアクセスできるので、移動にかかるエネルギー(CO2)が不要という点もエコだと思います。

デジタルイノベーション事業部のバーチャル空間イメージ

デジタルイノベーション事業部のバーチャル空間イメージ

 

今後の目標

ーこれからもスぺラボで働いていくなかで今後の目標など何かありますか?

〇さん
今は他のクリエイターのヘルプに入ることが多いので、ヘルプじゃなくて自分主導で、もっと大きい案件の作業をしたいです。

しらこさん
年間MVPをとりたいです。
選ばれた作品は印刷して額に入れてもらえるんですよ。あれが欲しい。
それから、もらえる賞金がそこそこ大きな額なので、でかい買い物がしたいですね。
バイクのヘルメットとか……コロナ明けたら海外旅行にも行きたいですし……一緒に行ってくれる人が見つかると嬉しいんですが……(笑)

【オフィスに飾られている、額縁に入っているパースの画像】

社内に展示されているMVP作品
MVP作品はクライアント案件で制作したものが多く、機密保持のためボカシをいれました。作品を見てみたい人はスペラボ来社時にチェック!

 

弊社に興味のある方に伝えたいこと

ーこれから求人募集に応募を考えている人へのメッセージをお願いします!

しらこさん
CGや新しい技術に興味がある人にぜひ入ってほしいですね。
好きだからこそ、仕事に対して趣味のように楽しいものだと考えられると思ってます。
「自分が作りたいものを作るために勉強している」って考えられる人なら、スぺラボで楽しく過ごせるんじゃないでしょうか。

〇さん
常に勉強をしながら案件を回すので、勉強が好きな人はぴったりだと思います。
すでに新しい技術を持っている人やバーチャル系の知識がある人もいいですね。
個人的には、Webやゲームのコーディングができる人に入ってきてほしいです(笑)
HTMLやCSS、JavaScriptとか、C#、C++とか……。

 

まとめ

入社三年目の〇さんとしらこさんのお話から、弊社の雰囲気の良さ、コミュニケーション機会の多さを再認識しました。
スぺラボは、これからも社員が楽しく働ける環境づくりを続けていきたいと思います。

前向きにがんばるお二人のさらなる成長に期待しつつ、一緒に働く新たな仲間の登場も心待ちにしています。

(※所属表記や記事内容は、取材当時の情報に基づきます)

▶スぺラボの採用情報はこちら


 

▼今回お話を聞かせてくれた二人が執筆した最新記事

▼この記事を書いた人自己紹介_編集部