▼この記事を書いた人

こんにちは!東京本社CGクリエイターの牛ハラミ焼肉弁当です。2021年4月までの約1年半、福岡支店で勤務していました。

皆さんは博多うどんを食べたことありますか?

博多うどんは、うどんの発祥地(諸説あり)とも言われている博多の名物で、福岡市を中心に専門店が多く展開されています。
コシの弱い柔らか麺と、あご出汁のスープが特徴です。
コシが強い讃岐うどんを食べていた私にとって、福岡で初めて食べた博多うどんは軽くカルチャーショックな食べ物でした!

色々な博多うどんを食べてみた中で、特に私のお気に入りになったのは、
福岡のうどんチェーン店のひとつである『資さんうどん』です。

優しいあご出汁に柔らか麺……歯ごたえが楽しいザクザクのごぼう天……。

それまでに食べたうどんとはひと味もふた味も違う資さんうどんが大好きになった私は、
「資さんうどんを知らない他の人にもあの味を体感してほしい!」と、この企画を思い付きました。

題して「『資さんうどん』を食べたこと無い人と食べてみた」です!


▼目次
①「資さんうどん」って?
②観察対象者を決める
③いざ注文!
④まずは肝心のうどんから
⑤サイドのおでん
⑥デザートはぼた餅!
⑦食べてみた感想は?


 

①資さんうどんって?

福岡にはうどんをメインとしたチェーン店が多く展開されています。
特に3大うどんチェーン店と呼ばれる『 ウエスト』『牧のうどん』そして『資さんうどん』 は、福岡県民なら知らない人はいないほどメジャーなうどん店です。

そんな有名チェーン店のひとつ、資さんうどんの特徴は以下の通り。

・優しいあご出汁に柔らかいけどコシも感じる麺
・大胆カットの大振り真っ直ぐなサクサクごぼう天
・デザートにぼた餅まで揃える幅広いメニュー展開

特にぼた餅は、毎日手作りされた物が店頭に並ぶ事で有名です。

②観察対象者を決める 

福岡にきて約1年半、色々なうどんチェーンを制覇してきている福岡支店メンバーの中に、資さんうどんを食べたことがない人はいるのでしょうか。
取材対象を見つけるのは難関だろうと想定してましたが……。速攻で発見しました。私の後ろの席のMさんです。

Mさん(以下敬称略)「私、『資さんうどん』食べたこと無いです。

私「え、うそでしょ?Mさんって福岡出身じゃん」

M「本当です(笑)無いんですよね。実は『資さんうどん』の創業者は出身校のOBなんですけど

私「なおさら何で食べたこと無いんだ(笑)お昼に結構麺料理を食べてるよね?」

M「いや特に理由とかは無く。今まで機会が無かったので」

私「他チェーン派なの?」

M「そういう訳では無いんですが…」

冷静に応えるMさん。ちなみに一番好きな麺料理は焼きそばだそう。
創業者がOBだなんて……これはぜひMさんにぜひ『資さんうどん』を食べてほしい!観察対象者、勝手に決定!

③いざ注文!

さっそくお店へGO!……といきたいところですが、こんなご時世ですのでUber Eatsにて注文です。

今回のオーダーはこちら

<お品書き>
・肉ごぼう天うどん
・かしわごぼう天うどん
・おでん5種盛り合わせ
・ぼた餅2個

Mさんは肉ごぼう天うどん。筆者である私は、かしわごぼう天うどんをチョイス。

M「うどんってUber Eatsで注文できるんですね」

私「本当だよね……うどんの他にも、おでんとかぼた餅もあるよ」

Uber Eatsの『資さんうどん』は、看板メニューのうどん類のほかにもサイドメニューのおでんやデザートのぼた餅など、店舗のメニューと変わらない充実した品揃えです。


待つこと数十分……ついにうどんが届きました!配達員さんから受け取った包みは結構な量感。

注文したうどん

麺とスープが入った容器はセパレートタイプ。お店からの移動中に麺が伸びるのでは?という心配は杞憂で終わりました。『資さんうどん』のすばらしい気遣いを感じました。

親切なセパレート包装

私「……結構ボリュームあるな……。M、食べきれる?」

M「いけると思います」

困惑する私をよそに、頼もしいMさんです。

頼もしいMさん

店舗提供時の状態に寄せようと、楽しそうにうどんを盛り付けるMさん

盛り付けが済んだところで、冷めないうちに食べたいと思います。

④まずは肝心のうどんから

肉ごぼう天うどん、かしわごぼう天うどんのどちらも、大きなごぼう天が5つ程入っています。
Mさんが最初に驚いたのは、このごぼう天のボリュームです。

M「このごぼう……ほぼ輪切りの状態で入ってるんですね……!想像していたサイズの倍はあります。何センチぐらいあるんですかね……」

ボールペンと比較

近くにあったボールペン(約15cm)と比較してみました。

……なんという事でしょう。ボールペンとほぼ同じサイズ。測ってみるとその大きさに実感がわきますね。

1食でごぼう1/2本分ぐらいはあるかと思います。
軽い食感で、このボリュームでもぺろりです。

食べ進めるうちにスープが染み込み、ザクザクとした食感がしんなりジュワッとした食感に変わっていくところも魅力です。

私「どうですか、資さんうどんのお味は?」

M「おいしいです。お出汁が酸っぱいタイプは苦手なんですが、ここのは酸っぱくないですね」

魚介系のお出汁は煮立て過ぎると酸味が出てしまうらしく、酸っぱく感じる時があるようです。
『資さんうどん』のお出汁へのこだわりが感じられるポイントですね。

スープはやさしい風味のあご出汁がいい塩梅です。
あっさりめな味付けで、スープの味が変わったりせず、ごぼう天や麺の味もしっかり感じられます。

私「麺はどう?」

M「お箸で掴めるやわらかさですね。やわらかすぎない」

私「柔らかいのに、ちょっとコシもあるよね」

M「あと、若干細い気がします。他チェーンの「牧のうどん」とかはこれの倍ありますよね」

私「確かにそうだね。細めだからスープが絡んで出汁の味もわかりやすい気がする」

博多うどんの中ではコシはあるように感じる『資さんうどん』の麺。
柔らかなのにシコシコとした、おもしろい食感です。

 

⑤サイドのおでん

おでんは大根・厚揚げ・糸こんにゃく・卵・牛すじ串の5種盛り合わせです。

サイドのおでん

M「どの具もしっかり味がついていますが、厚揚げが特に好きです。中まで味が染みてますね……おつまみに良さそう」

⑥最後はデザート!

うどんとおでんを一通り堪能した後は、『資さんうどん』の裏の看板メニューである、ぼた餅です!

ぼた餅

ぼた餅は2個で280円(撮影時の価格)

大きさは握り拳ぐらい。

M「結構あんこが付いてますが、そんなに甘くなくておいしいです」

私「あっさりしてて食べやすいよね」

M「あんこ多めなところがいいです」

資さんうどんのぼた餅は、お箸で割ってみると、お餅とあんこがほぼ1:1の割合!
それでも甘さ控えめで食べやすく、ボリュームのあるうどんの後でもぺろりと食べれるあっさりした味付けです。

私「M氏、あんこ好きなの?」

M「実家でも結構あんこを食べるんですよ。あんこだけでも年に5回は食べます」

私「あんこだけで5回も?凄いね」

M「母があんこ好きなので、よく煮てますね」

私「家であんこ煮るの……?小豆から……?」

M「はい、小豆から」

私「まじか……本当のあんこ好きだね」

M「(笑)ここのは家のあんこに味が似てます。おいしいです!」

幼少からあんこを食べなれているMさんも、『資さんうどん』のぼた餅は気に入った様子でした。

⑦食べてみた感想

こうして肉ごぼう天うどんとおでん、そしてぼた餅まで、きれいに完食しました。

私「どうでしたか、初めての資さんうどんは」

M「おいしかったです。『資さんうどん』結構ボリュームありますね。うどんってあんまりお腹一杯にならない印象だったんですが、今日はうどんだけでも結構お腹膨れました……!」

私「うどんだけでも結構食べたもんね」

M「うどん食べたあとってすぐにお腹空くんですよ。だから足りないかもと思っていたんですが、今日はすごく満足です……!
あのごぼう天が効いたと思います。結構ボリュームありましたし」

私「二人で分けても食べ応えあったもんね!」

M「また食べてみたいです。今度はお店行ってみたいですね」

以上、サクサク食べ応えたっぷりのごぼう天から、あんこ好きも唸らせるぼた餅まで、
大満足の資さんうどん体験でした!

『資さんうどん』では冷凍・冷蔵品の配送もしているみたいですので、気になった方はぜひチェックしてみてください。
資さんうどん公式HPからhttps://sukesanstore.com/

もし福岡県へ行く機会がある方は、ぜひ食べてみて下さい!