この記事を書いた人


こんにちは。スぺラボ東京本社CGクリエイターのうえミです。

突然ですが、みなさんの働くオフィスには観葉植物はありますか?
スペラボのオフィスには、観葉植物がたくさんあります。
お客様からの頂き物や、大の観葉植物マニアである弊社代表の柴原が買ってきた植物たちが、日当たりのいい窓際のエリアを占領しています。

ということで、今回は東京本社にある植物から、私が個人的に押している3つご紹介します!

 No.1 ディフェンバキア・セグイネ

このセグイネは、現在のオフィスに引っ越してきた時に買ったものです。
約7年たった今でも、結束バンドで固定されながらも頑張って育ってくれています。
いつかこの結束バンドが取れるよう、毎日大切に世話をしています。

挿し木で増やすことができるので、スぺラボオフィスにはセグイネが何株もあります。
セグイネの花言葉は「危険な恋」。エキゾチックで華やかな葉模様が美しいですが、葉や茎を切ったときに切り口から出る樹液は有毒。美しいものには危険な一面もあるから注意が必要ということでしょうか。

生き物のカプセルトイを引くのが流行った時があったのですが、植物に住まわせてみました。
この子たちもまた植物と同じように、仕事で疲れている我々を癒してくれる存在です。

日当たりのいいエリアにあるセグイネの葉で「待て」をする犬。
「待て」が長いのでしょんぼりしています。

基本データ>
樹高 :2m
耐寒性:よわい
耐暑性:つよい
耐陰性:つよい
特徴 :湿度の高い環境が好き。葉水をしてあげると元気になる。
育てやすさ:★★★☆☆
※主観による目安です。

No.2  フィカス・ウンベラータ

フィカス属の中でもウンベラータは、
人気な観葉植物として花屋さんやネット上でも取り上げられていることが多い植物です。
オフィスや商業施設のパースを制作していても、
ウンベラータはお客様からよくリクエストされている気がします。
ウンベラータもセグイネ同様、現在のオフィスに引っ越してきた時に買ったもので、
社長もイチオシです。

この写真では青々とした葉が印象的ですが、
実際は少し葉が枯れていたのでPhotoshopで修正しました。
このように写真をいい感じに加工できる技術もスぺラボで習得しました。

最近ではスマホのアプリでも簡単に写真を加工できるようになりましたが、
やはりPhotoshopはより高度で綺麗な加工ができるので、
表現の幅が格段に広がります。

<基本データ>
樹高:2m
耐寒性:よわい
耐暑性:つよい
耐陰性:ふつう
特徴:日当たりのいいところが好き。でも夏場の直射日光はちょっと苦手。
育てやすさ:★★★★☆
※主観による目安です。

No.3  フィロデンドロン・セローム

私イチオシの植物、フィロデンドロン・セローム。
大きくなってくると枯れた茎が根元から自然に取れ、株に目玉のような模様ができます。
この少し不気味な株と、びよびよ伸びる大きな葉っぱが可愛らしいですね。

このセロームのようなヘロヘロ脱力系植物が見ていて癒されるので個人的に好きです。
最近葉っぱが枯れているような……治療せねば。

茎でお願い事をするリスとミーアキャット。意外と倒れない、絶妙なバランス。

<基本データ>
樹高 :0.7m 
耐寒性:よわい
耐暑性:つよい
耐陰性:ふつう
特徴 :上手に育てると仏炎苞(ぶつえんほう)という花を咲かせる。
    開花日数は1日だけ。
育てやすさ:★★★★☆
※主観による目安です。

まとめ

以上、スペラボのみどりたちの紹介でした!

観葉植物には空気の浄化やリラックス効果、加湿調整効果などオフィス環境をより良いものにするなど、様々メリットがあります。
オフィスは一日の大半の時間を過ごす場所でもある為、できるだけ働きやすい環境にしたいものですよね。

みなさんのオフィスにも、観葉植物を取り入れてみてはいかがでしょうか?