この記事を書いた人


初めまして、スぺラボ名古屋支店勤務のおかけんです。

夏ですね。
僕は毎年、夏になると家族や友人と旅行へ行きます。
好きな音楽をかけながら車に揺られているときや、宿泊先で過ごす時間など、
何もしていない時が好きです。

思い出したら旅行に行きたくなってきました……
しかし新型コロナウイルスの第2波が到来しようとしているこのご時世、なかなか行きづらいんですよね……
せめて旅行気分だけでも味わいたい!

……この夢、叶えられます。そう、CGならね。

ということで今回は、旅行の1シーンをCGで再現し、
お手軽に旅行気分を味わおうという企画です!

1.行き先を決める

まずは、どんな旅行にするか決めないとですね。
・友人と行く贅沢な海外旅行
・ハワイやホノルルのような南国

最初にもお話ししましたが、僕は宿泊先で過ごす時間がとても好きなので、
ホテルのラウンジでゆったり過ごす気分が味わいたいです。
・オーシャンビュー
・高級感
・開放的な空間
この3つを条件として希望します。

ちなみに、今の頭の中はこんな感じです。

完璧ですね、いいイメージです。
題して、「海の見える開放的なラウンジ」
宿泊先としてはかなりベタですが、これで行きましょう!

2.行き先を作る

テーマが決まったので、ベースをざっくりモデリングします。
モデリングとは、簡単に言うと立体物を作ることです。
まだまだ始まったばかりですが、完成イメージが湧いてきました。
理想のホテルラウンジが作れそうな予感がします。

次に家具を選び配置していきます。
高級ホテルにありそうな、クラシックな雰囲気の物を選びました。



開放的な空間を意識して、密になり過ぎないよう配置。
家具を置いたことにより、壁と天井が寂しく感じたので、
間接光やアートパネルを作り足しました。
空間の大きさが感じられるようになりましたね!

屋外空間をどうするか悩みますね……
屋内と合わせて落ち着いた雰囲気にしてもいいですが、
みんなで楽しめるプールがあったら最高ですよね。

高校生の頃に、全力で平泳ぎをしていたら足をつって溺れかけた苦い記憶を思い出しますが、それでもプールは見ているだけでテンション上がります。

3.想像を膨らませる

形状が完成しました。次はマテリアルを張り、立体物に色や質感を表現していきます。

僕は青色が好きなので、青色の素材をたくさん使います。

柱の床は大理石っぽい仕上げにして、高級感を醸し出します。


家具にもアクセントカラーとして寒色を取り入れました。

ホテルってアートパネルを飾ってある印象が強いんですよね。僕だけですかね?
しかしながらこのアート、涼し気でいい感じ……

外は屋内と雰囲気を変えたいので、楽しげで温かみのある南国リゾート風にしてみました。
プール、石タイル、デイベットがかなりマッチしています!

ここで一回全体を確認。
あー、青色がいっぱいで最高ですね。しかし何か物足りない気もする……
あっさりしすぎというか、リゾート感が足りない。

南国リゾートといったらやっぱりヤシの木ですよね。
とりあえずヤシの木入れておけば、南国感が出ると思います。
その他よくわからない南国にありそうな植物たちも入れてみましょう。

植物を入れたら一気に雰囲気UPしましたね!

本当は照明器具やテーブルの上に小物などを入れていきたいところですが、
いろいろやり過ぎると収拾がつかなくなるので、
そろそろPhotoshopで仕上げてしまいましょう!

4.より旅行に行きたくなる

完成!
理想のホテルラウンジができました!
家具や柱のブルーが爽やかでいい感じです!
最後に入れた植物が効いてますね。
個人的に、プールの表現がかなり気に入っています。
ここで景色を観ながら夕食の時間までぼーっとしていたい……

イメージを思い通りに表現するのに苦労しましたが、
描きたいパースが描けてとても楽しかったです!
夜のバージョンもそのうち描きたいですね……

さて、この企画の目的である旅行気分が味わえたのかといいますと、
逆に掻き立てられ、妄想が膨らむばかりです。
ある意味企画倒れですが、旅行のイメトレにはなりました!
また気軽に旅行に行けるようになった時の為に、今のうちに計画たてておこうかな……

それではまた!