Virtual Design Atelier

株式会社NTTドコモは、2020年6月30日、5G対応ソリューション「Virtual Design Atelier(TM)(バーチャル デザイン アトリエ)」の法人を対象とした提供を、2020年6月30日にスタートすることを発表しました。年額費用は、1,400万円(税抜き)からです。

「Virtual Design Atelier」を利用すると、「ドコモオープンイノベーションクラウド(R)」を通じて、VRゴーグルおよびVRコントローラーを装着した遠隔地にいる複数人のデザイナーとの3Dデザイン共同制作が、リアルタイムで実現します。

国内初となる同ソリューションの活用により、デザイナー間のコミュニケーション環境が整い、作業工程や生産性を効率化させることが可能となります。

大容量3Dデザインデザインデータのやりとりが可能

4G(LTE)環境での利用も可能な「Virtual Design Atelier」ですが、大容量になる3Dデザインデータをやりとりする場合、5Gネットワークを利用すれば、遅延を低減させた通信で共同作業を行うことが可能となります。

また、「クラウドダイレクト(TM)」サービス(「ドコモオープンイノベーションクラウド」オプション)により、高いセキュリティ環境を保持できます。

なお、3Dデザインには、「Gravity Sketch Enterprise Edition」(株式会社ワコム)が採用されています。

(画像はプレスリリースより)
(C) 2020 Wacom Co., Ltd.

▼外部リンク

株式会社NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/