ディノ・ネット デジタル恐竜展示室

文化庁は、国立科学博物館と凸版印刷株式会社(以下「凸版印刷」)が、VRコンテンツ特設サイト「ディノ・ネット デジタル恐竜展示室」を公開することを発表しました。

恐竜の骨格を、オンラインで360度全方向から閲覧可能な「ディノ・ネット デジタル恐竜展示室」は、特設サイトにおいて無料で楽しむことが可能です。2021年1月19日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされました。

凸版印刷は、2013年より、国立科学博物館に所蔵されている恐竜の骨格標本(ティラノサウルス、トリケラトプス等)の立体形状計測データを利用したVRコンテンツ『V×Rダイナソー(R)』の開発および活用を、国立科学博物館と共同で進めています。

「アロサウルス」と「パキケファロサウルス」追加

同展示室では、『V×Rダイナソー(R)』に、「アロサウルス」および「パキケファロサウルス」のVRコンテンツが追加されました。また、北海道大学総合博物館、群馬県立自然史博物館、むかわ町穂別博物館が所蔵する恐竜化石もVRコンテンツ化したということです。

4館が所蔵する化石(恐竜7種(9体)、魚竜、ワニ、哺乳類)標本のデジタルデータを一堂に集め、実際の展示室では実現困難な、オンラインならではの貴重なVR展示を、ぜひご体験ください(プレスリリースより)

なお、恐竜研究者による4回のオンライン講座(2021年2月6日、2021年2月13日、2021年2月20日、2021年2月27日)の実施も決定しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRtimes
https://prtimes.jp/