展示会を忠実な再現するプラットフォーム

SoVeC株式会社は、2021年1月19日、VR展示会プラットフォーム『そのまま展示会』のウェブブラウザ版が『ヴァーチャル産業交流展2020』に導入されたと発表しました。

『そのまま展示会』は、VR空間の共有技術により展示会を忠実な再現するプラットフォーム。『ヴァーチャル産業交流展2020』は、東京都などが中小企業に向けて主催するオンライン総合展示会として、同年1月20日より開催されています。

高品質なVR展示会の開催を可能に

SoVeC株式会社は、日々高度化する企業のマーケティング活動を支援すべく、デジタルコミュニケーション領域におけるソリューションを提供している企業です。

同社は、今般のコロナ禍によりリアルイベントや展示会の開催が困難になってことを憂慮。最新のxR技術を駆使し、高品質なVR展示会の場を低コストで実現するプラットフォームとして、『そのまま展示会』を開発しました。

『そのまま展示会』ウェブブラウザ版は、不動産VRなどで高い評価を誇るラストマイルワークス株式会社も、開発に参加したもの。ウェブブラウザにおいても、高品質なVR展示会の開催を可能にしています。

コミュニケーションツールとしても有益

『ヴァーチャル産業交流展2020』において『そのまま展示会』ウェブブラウザ版は、リアル展示会さながらの臨場感を再現。また、充実した情報を提供するなど、コミュニケーションツールとしても有益なものとなっています。

なお『ヴァーチャル産業交流展2020』は、2021年2月19日までオンライン開催されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

SoVeC株式会社
https://www.sovec.net/

『そのまま展示会』ウェブブラウザ版を活用し、『ヴァーチャル産業交流展2020』を開催 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/