「XR CLOUD(エックスアールクラウド)」

monoAI technology(モノアイテクノロジー)株式会社(以下「monoAI」)は、2020年12月3日、アプリ版バーチャル空間プラットフォーム「XR CLOUD(エックスアールクラウド)」を公開したことを発表しました。なお、同アプリは、iOS、Android、Windows・Mac OSで使用可能なマルチプラットフォームです。同アプリは、2020年12月3日に公開となりました。

「XR CLOUD」は、スマートフォンやタブレット、PCやVR機器などのお手元のデバイスから、いつでもどこでも仮想イベントに参加できる、バーチャル空間構築プラットフォームです。(プレスリリースより)

monoAIでは、無料イベントの開催を予定しているとしています。

「仮想イベント制作運営受託サービス」

「XR CLOUD」の公開にあわせて、同プラットフォームを活用した「仮想イベント制作運営受託サービス」も、同日にリリースするということです。monoAIが、企画、制作、開発および運営のトータルサポートを行います。

同サービスは、10万人規模の同時接続が可能だとしています。標準規模は、1,000人同時多接続サービスとなっています。

同プラットフォーム内のテンプレートを利用すれば、最短の場合で1週間という短期間でバーチャルイベントの準備が完了するということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

monoAI technology株式会社
https://monoai.co.jp/1707