世界中の人が参加できる文化祭

株式会社バンタンは、2020年11月22日、同社運営スクールの文化祭『HIGH FES 2020 DX』を開催します。

同イベントは、バンタン高等学院・東京校および大阪校合同の「デジタル文化祭」として、開催されるもの。リアルコンテンツに加えてVRなどのデジタル化も進めることで、世界中の人が参加できる「WITHコロナ時代」の文化祭を目指すとしています。

コロナ禍に対応してリアルとオンラインを融合

株式会社バンタンは、1965年の創立時より「世界一、社会に近いスクール」をビジョンとしてスクール運営を行っている企業です。グラフィックデザイン・ゲーム、・プログラミングなどの領域で教育事業を展開し、19万人以上の卒業生を輩出。早期の業界デビューと高卒資格取得が同時に可能なスクールとして、バンタン高等学院も運営しています。

バンタン高等学院では、東京校・大阪校の合同文化祭として『HIGH FES』を毎年開催しています。この文化祭は、生徒がショー・展示・ショップ運営といった形で日頃の学びの成果を発表するもの。2020年度は、コロナ禍に対応すべくリアルとオンラインを融合し、『HIGH FES 2020 DX』として開催されることとなりました。

生徒が開発したゲームの試遊などが可能

『HIGH FES 2020 DX』では、ファッションショー・ダンスショー・eスポーツのライブ配信や、ECショップの展開などと共に、VR展示会も行われます。この展示会では、生徒が開発したゲームの試遊などが可能。また、イラスト・マンガ・ノベルといった作品もVR空間に展示されるとのことです。

『HIGH FES 2020 DX』は、11月22日の11:00から19:00にかけて開催。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『HIGH FES 2020 DX』を11月22日に開催 VR、ライブ配信、D2Cで世界とつなぐ – 株式会社バンタン
https://vantan.jp/