Super Light 3D Photo Scan

DiGITAL ARTISAN(株式会社デジタルアルティザン)は、2020年6月12日、3Dフォトスキャナー「Super Light 3D Photo Scan」の、組み立てキット「Super Light 3D Photo Scan Kit」を発売したことを発表しました。

瞬時に全身の3Dスキャンが可能な「Super Light 3D Photo Scan」では、およそ10分で、ARやVRなどで使用可能な3Dモデルデータ作成が実現します。

ベースキットは250万円から

同社では、従来より、量産版の「3D GATWAY」(完全組み立て納品)と、簡易版である「Super Light 3D Photo Scan」(フレーム組み立て式)の2種類を提供していましたが、今回、販売が開始されたのは、ユーザー自身が組み立てることを想定した、より安価な組み立てキットとなっています。

価格は税別で250万円(ベースキット)からです。ベースキットに機材を追加することも可能です。

撮影環境・予算に合わせ100~200個のカメラモジュールとそれらをつないで撮影を同期する撮影システムをベースキットとして提供(プレスリリースより)

教育・研究機関などを主なターゲットとしている同キットは、現在、神戸芸術工科大学映像表現学科教授である中安翌氏の研究室への納品が進んでいるということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRtimes
https://prtimes.jp/