魅力は強力なCPUパワーと安定感

株式会社サードウェーブは、6月18日、法人向けPC製品ブランド「THIRDWAVE Pro」のCPUに、Intel(R)第10世代 Core i9-10900Kを標準搭載した最新モデルの受注を開始したことを発表しました。

新モデルのこだわり

新モデルは、CGやCADなどの作業でCPUパワーやGPUパワーが必要もしくは、アニメーション・動画作成時にレンダリングソフトウェアを使用する法人向けの製品。最新のCPU搭載により、大容量データの高速処理を必要とする際にもスムーズな動作を実現します。

また、製品の基本仕様としてNVMe SSD 5120GB、最新のPC4-25600メモリ16GBなどを標準搭載。ビジネスユースに充分な性能を確保したほか、ハードなビジネスユースに耐えられるよう、ケースファンには山洋電気製2ボールベアリングファンを採用するなど、冷却設計にもこだわりました。

ニーズに合わせたカスタマイズも可能

今回同社は、「GeForce RTX2080Ti」などのハイエンドグラフィックカードが選択できる「T(タワー)」シリーズ5機種をラインナップ。

標準で2年のセンドバック保証、ならびに最大3年間までのオンサイト保証を付帯可能など、法人向けならではサービスを多数用意し、安定稼働を維持できるよう努める考えです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社サードウェーブ プレスリリース
http://info.twave.co.jp/news/index.html