オペレーション習得時間を大幅に削減

株式会社ファミリーマートは、2020年10月12日、VRプラットフォームを活用した社員研修プログラムによって教育時間の削減を実現したと発表しました。

同プログラムは、InstaVR株式会社のVRプラットフォーム『InstaVR』を活用した実証実験として実施されたもの。店舗オペレーションの習得に要する教育時間が、新入社員1人あたり約60時間削減されたとのことです。

『InstaVR』の高速VR化システムを活用

株式会社ファミリーマートは、同社加盟店である全国のコンビニエンスストアにて生じている人手不足や長時間労働の解消を企図。そのための手段として、VRの活用を開始しました。

VR活用を推進すべく行われた今回のプログラムでは、同社直営店で勤務する新入社員を対象として実証実験を実施。実証実験に際しては、960におよぶVRコンテンツを開発すると共に、店舗オペレーションを網羅するVR社員研修プログラムも構築されました。

このVRコンテンツの開発では、『InstaVR』の高速VR化システムを活用。また『InstaVR』は、多言語自動翻訳機能や遠隔配信システムも活用されています。

対面教育を必須としない教育手法を確立

今回実施されたVR社員研修プログラムでは、新入社員の独習を可能にすることで、店長による対面教育時間の削減を実現。教える側と教わる側の双方で教育時間を約30時間削減し、合計で約60時間の削減を可能にしています。

この結果について株式会社ファミリーマートは、対面教育を必須としない店舗オペレーション教育手法を確立できたと確信しています。今後は、加盟店での導入拡大を検討するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

VRプラットフォームを活用した社員研修プログラムの実証実験を実施 – 株式会社ファミリーマート
https://www.family.co.jp/