未来型のオンライン購買体験を可能に

株式会社DENDOHは、6月8日、ARならではの演出によって商品の世界観を楽しめる「バーチャルショールーム」サービスの提供をスタートしたことを発表しました。

サービスの概要

「バーチャルショールーム」サービスは、AR技術を用いることで、これまで店頭で買い物をしていた際と同じ感覚で商品を眺め、サイズ感を確認できるサービス。

顧客は気になるARモデルの商品を試したい時には、自室に置いて商品の各部詳細を確認できるほか、自宅の私物とARモデルの商品を比較することができるようになります。

なお、顧客は専用アプリのインストールは不要。スマートフォンひとつで気軽に商品の体験をすることが可能です。

将来的にはAR空間上で買い物まで完結

新型コロナウイルスの影響により、店舗でのショッピングを自粛するケースが相次ぎ、販売者は厳しい状況に立たされています。

今回開発した「バーチャルショールーム」サービスは、販売者・顧客双方にメリットのあるサービス。既にオンラインショップを運営している販売者は、ショップサイトにAR機能を導入することも可能です。

今後同社は、商品がより魅力的に見え、造り手の拘りが伝わるよう体験をデザインすると同時に、AR空間上で買い物が完結するサービス機能も提供することにしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社DENDOH プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000059392.html

株式会社DENDOH ホームページ
https://dendoh.co.jp/