ホッケーのようなスポーツ体験を3D空間で楽しむ

株式会社Mark-onは、2020年7月15日、VRスポーツゲーム『Reflect-on』の早期アクセスを同年夏に開始すると発表しました。

Mark-onは、AR/VR/MRなどのアプリケーション開発を受託している企業。『Reflect-on』は、体感型の2人用対戦VRゲームであり、ホッケーのようなスポーツ体験を3D空間で楽しむことができるとのことです。

全ての人が手軽に最新技術の恩恵を受けられるように

Mark-onは、「全ての人が手軽に最新技術の恩恵を受けられるように」という理念の下で、VRなどの開発を行っています。これまでにも、VR開発会社や芸能事務所といったクライアントに向けて、複数VRデバイス間での映像配信システムや360度動画の再生アプリケーションなどを開発。また、AR/VR/MR技術を使ったゲームを、多くの展示会に出展しています。

今回同社が早期アクセス開始を発表した『Reflect-on』は、VRによる新しいスポーツ体験が自宅で楽しめるゲーム。飛んでくる球を手元のラケットで跳ね返し、相手のゴールに入れば、ポイントが獲得できるルールとなっています。

気楽に対戦ができる「とにかくリフレク」モードを搭載

早期アクセスで提供される『Reflect-on』では、気楽に対戦ができる「とにかくリフレク」モードを搭載。また2020年秋に実施されるアップデートでは、ラケットの選択などを通じてハイレベルな駆け引きが楽しめる「ホンキでリフレク」モードの搭載も、予定されています。

Mark-onは今後『Reflect-on』において、企業とのコラボレーションや公式大会などのイベント開催も進めるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社Mark-on
https://mark-on.co.jp/

Mark-onが新作VRスポーツゲーム『Reflect-on』を2020年夏に早期アクセス開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p