「リモート型社会」に適した業務支援を実現

サン電子株式会社と株式会社NTTドコモは、2020年7月13日、遠隔作業支援ソリューション『AceReal for docomo』の法人向け提供を開始しました。

このソリューションは、ARスマートグラスと5Gネットワークの活用により、リモート環境からでも現場へ的確な指示を出せるというもの。「リモート型社会」に適した業務支援やスキル伝達を実現するとしています。

現場の映像・音声を伝送、AR表示も可能

『AceReal for docomo』は、ARスマートグラスと業務支援アプリケーション、そしてNTTドコモの『クラウドダイレクト』とサポートサービスがセットになったソリューションです。遠隔支援者は、現場作業者が装着したARスマートグラスから、現場の映像や音声をリアルタイムで確認することができます。

またこのソリューションでは、業務支援アプリケーション『AceReal Apps』を活用することで、AR表示も実現。必要とするマニュアルや、作業指示を書いた現場画像などを、支援者は作業者のARスマートグラス上に表示させることが可能です。

保守点検やノウハウ伝達などで有効に活用

『AceReal for docomo』の利用シーンとして両社は、主として製造業・インフラ業・農業などを想定。製造業では製品の保守メンテナンス業務に、インフラ業では設備点検業務に、そして農業では新人農家へのノウハウ伝達などにおいて、有効に活用できると考えています。

サン電子とNTTドコモは今後も、両社の製品・技術・サービスを通じて、新しい価値の創出や社会課題解決への貢献を目指すとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

遠隔作業支援ソリューション『AceReal for docomo』の提供を開始 – サン電子株式会社
https://acereal.jp/news/detail/?id=91