CADとは

CAD(Computer Aided Design)は「コンピュータ支援設計」と訳され、コンピュータを用いた設計、コンピュータによる設計支援ソフトおよびシステムを指します。

CADには様々な種類がありますが、使用目的は「作業の効率化・容易化」と「図面管理の効率化」です。また、2D CAD(2次元CAD)と3D CAD(3次元CAD)に分類されます。

【CADの分類】
■2D CAD (2次元CAD):平面的な図面
平面図・立面図などの図面を線や円弧を用いて描き、2次元的な図面を作図できます。供覧性の高い紙の図面向きです。建設現場などデジタル機器が使用できない環境下では、紙ベースの図面が用いられます。

■3D CAD(3次元CAD):立体的な図面
仮想の3次元空間上で立体的に設計でき、3次元的な図面を作図できます。立体形状を直方体・球を用いて表現するため、形状・位置関係を全角度から立体的に確認でき、全体像・完成像を立体的にイメージできます。

今回は、2D CADソフトの特徴、種類、使用用途などを取り上げていきます。

2D CADソフトとは

2D CADソフトは、従来の手作業による製図をコンピュータ処理に置き換えたソフトです。手書き作業では、線の太さにばらつきが出てしまうもの。図面上に均一の線を引くことは容易でなく、また、図面の修正には手間が掛かります。

しかしながら、図面というものは、均一な太さで線が描かれていなければなりません。2D CADソフトを使用すると、線の太さが均一になり、編集も簡単です。

2D CADソフトによる作図は、従来の手書きによる製図手法と同じく、「第三角法」で描かれます。

「第三角法」は正面・平面・側面の三面図で構成され、3軸(縦・横・奥行き)のうち2軸を用いて立体(3次元)を平面(2次元)で表現します。

建築物を一方向の平面に投影し、その投影図(ある一方向から光をあてた時の影)を用います。ある一方向(上・右・左)から建築物に対して光を当て、その写し出された影を図面として描き出します。

2D CADでは形状を正確に表現できますが、閲覧者は、平面的な図面(2次元)から立体(3次元)をイメージする必要があります。特に、複雑な図面を理解するには熟練度が求められ、図面を読む能力である読図能力と経験が不可欠です。

近年、機能面の特性より、3D CAD の需要は高まりつつあり、2D CADから3D CADへ移行傾向にあります。しかしながら、建設現場は過酷な状況下でPCなどデバイス使用に適さない環境も多く、現場レベルでは2D CADを用いた紙図面の需要が残ります。

次は、おすすめの建築用2D CADソフトについて書いていきます。

おすすめの2D CADソフト

建築用2D CADソフトには、有料ソフト(サブスクリプション方式/永久ライセンス方式)および無料(フリーソフト)があります。

有料ソフトは、サブスクリプション方式あるいは永久ライセンス方式にて提供されています。

サブスクリプションは、例えば新聞・雑誌の定期購読のように、期間を指定してライセンスを購入できるサービス。契約更新ごとにライセンス使用料が発生し、長期的にみると費用負担は大きくなりますが、常に最新版のCADソフトを利用できます。

一方、永久ライセンス型は買い切り版のソフトウェア。一度購入することで、永年使用できます。サブスクリプション型に比べ、長期的なコスト削減になります。ただし、バージョンアップ、アップデートが有料の場合もあります。

まずは、主な2D CADソフトを紹介していきます!

【AutoCAD LT(オートCAD LT)】
米オートデスク社製、サブスクリプション/永久ライセンス

2次元作図、図面、ドキュメント作成が可能。2次元ジオメトリー(建築物および建築空間)作成・編集機能により、完成度の高い2次元の設計・図面作成ができます。世界中で使用され、凡用性は高いです。対応OSはWindows/Mac、また、日本語にも対応しています。

同社製「AutoCAD(オートCAD)」(3次元および2次元作図対応)と比べ、2次元図面に限定され、機能は劣りますが、その分、価格は抑えられています。扱うデータ量は少なく、データ共有、CAD以外のファイルデータの取り込みに時間が掛かりません。

【IJCAD】
インテリジャパン株式会社、永久ライセンス

低価格、早いレスポンス、国産で万全のサポート体制が特徴です。対応OSはWindows、3タイプのライセンス「スタンドアロン版(PC1台のみ利用)」「USB版(USB挿入で利用可能、インストール可能なPC台数上限なし)」「ネットワーク版(社内ネットワーク環境内でライセンス共有)」で展開されています。

「AutoCAD」と画面構成・操作方法が同じであり、互換性は高いです。「Jw_cad」との互換性もあります。

【RootPro CAD(ルートプロCAD)】
株式会社ルートプロ、Free版(無料)/、Professional 版(サブスクリプション)

有料ソフトと無料ソフト(フリーソフト)、2タイプの2次元汎用CADソフトで展開されています。「AutoCAD」「Jw_cad」との互換性をもち、優れた操作性と国産で万全のサポート体制が特徴です。

提供方式によって機能は異なり、Free版は「AutoCAD」「Jw_cad」への読み込みが可能です。Professional 版(有料、サブスクリプション)では「AutoCAD」「Jw_cad」への書き出し、コンバーター(変換ソフト)として活用できます。

【ARES(アレス)】
株式会社コンピュータシステム研究所、サブスクリプション

「DWG」(米オートデスク製)との高い互換性、国産で万全のサポート体制、低コストが特徴です。PC、モバイル端末、クラウド上に対応し、幅広く使用できます。

次は、有名な無料(フリーソフト)の2D CADソフトです。

【Jw_cad】
建築士が、建築用途を目的に開発した国産フリーソフト。建築設計機能に特化したCADソフトであり、建築設計事務所での使用率が高いです。対応OSはWindows、「AutoCAD」に続いて国内で二番目に使用されています。

「AutoCAD」と互換性があり、手書きの製図に近い感覚で図面作成ができます。また、インターネット上で多数の無料データが提供され、無料データのダウンロードも可能です。

ただし、2次元モデルに限定され、3次元モデルには対応していません。「AutoCAD」とは互換性をもちますが、操作は異なるため、独自で操作を習得する必要はあります。

【DRA-CAD LE(ドラキャドLE)】
株式会社建築ピボット社

建築業界向けの必要機能(設計、建築法規チェック)を装備し、直感的な操作性と高いカスタマイズ性、国産で万全のサポート体制が特徴です。

「AutoCAD」「Jw_cad」との互換性があり、マウス、タッチパネル対応でマルチタッチ機能にて操作できます。紙ベース地図を読み込み、建築物の周辺土地情報として利用できます。

また、建築業界では、上記にて紹介したソフト以外にも使用されています。

まとめ

これまで、製図は手作業でした。建築製図では、立体的な建築物を平面的な図面に投射して作図してきましたが、CADの使用によって手作業だった製図がコンピュータで容易かつ効率的に行えます。また、CADを用いた図面は視覚的に分かりやすく、伝えることができます。

CADソフトは、有料(サブスクリプション方式/永久ライセンス方式)、無料(フリーソフト)を含め、世界中で数多く提供されています。提供方式、メリットとデメリットを考慮し、適したソフトを選びましょう。

(画像はPixabayより)